人を知る

代表社員税理士

船長?人情派?フルマラソン?!

大石豊司
代表社員税理士/銀行出身

 

 

 

 

スタッフから見た!「大石代表ってこんな人♪」

  • バイタリティに溢れ、常にどんなときでも前進している方です。厳しい中にも困った人を放っておけない優しい面もあり、いつも社員はその優しさに助けられています!!

    From 高城あゆ

  • 我々、乗船している大石丸の頼れる船長です。バイタリティ溢れる生き方は、我々に勇気と目標を与えてくれます。そして、社員やお客様を家族のように大切にしている姿は、私の人生のお手本です。

    From 高橋慶一

  • 前向きで明るい!社員一人一人のことを親身に考える!正義感が強い!優しくて、人情派!スポーツ好き!そして自分に厳しい・・・!

    From 秋吉栄治

  • 「ちょっと恥ずかしいですね・・・このコーナー(笑)」

    From 大石豊司

経歴

1959年 山梨県河口湖町(現富士河口湖町)にて3兄弟の次男として誕生
中学時代 野球部(後に阪急へドラフト1位で入団した関口朋幸投手からヒット!)
高校時代 漕艇(ボート)部でインターハイ出場
大学時代 ボクシング部に入部するも視力と少々の根性も足りなく2年次退部
大学卒業後 山梨中央銀行に入行
満足できる銀行員生活を過ごす中、入行3年目に自己啓発のため通信講座にて税理士簿記論を受講する。25歳のある日、友人と麻雀の卓を囲んでいたとき「今、俺はこんなことをしていていいのかな?」 と突然不安に襲われ、翌日から生まれて初めての猛勉強
1985年 退路遮断のため銀行員生活に終止符
1年の受験浪人の後、会計事務所勤務
1987年 税理士試験官報合格
1989年 木造アパートの一室で開業(東京税理士会立川支部)

 

監査スタッフ

和気あいあいと仕事をしているのではなく、言いづらいことも言い合える仲の良さ

占部三四郎
監査スタッフ/業界未経験

 

 

 

Q1.まず、占部さんの経歴と自己紹介をお願いします。

大学在学中に会計や税務のプロフェッショナルになりたいと思うようになりました。会計業界を中心に就職活動を行い、経験なし、資格なしでしたが大石会計事務所へ入れていただけることになりました。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

面接に訪れた際に感じた、会計事務所らしくない元気で明るい雰囲気に惹かれました。面接では資格や経験だけでなく、その人がどういう人間なのかをじっくりと時間をかけて見てくれました。人と人の関係を大切にする会社だということが伝わってきて、ますます「この会社で働きたい!」という思いが強くなり、気が付いた時には大石会計の一員になっていました。

Q3.未経験での入社でしたが、不安なことはありましたか?

期待もありましたが正直、不安なことだらけでした。でも、1つ1つ仕事を覚えていくにつれてそれが自信に変わっていきました。失敗を恐れずにチャレンジしていくことが大事だと思います。

Q4.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

社員同士の仲が良いところです。仲が良いといってもただ和気あいあいと仕事をしているのではなく、言いづらいことも言い合える仲であるということです。自分のダメなところというのは案外自分ではわからないことが多いと思います。相手のことを本気で考えて注意し、高め合っているというのは本当に素晴らしいことだと感じています。

Q5.先輩からの指導はどうでしたか?

未経験での入社だったので電話の取り方から何から何まで教えていただきました。時には厳しく言われる場面もありましたが私の事を思って指導してくれているのが感じられました。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

税務、会計面でお客様をサポートしたいということはもちろんですが、それだけでなく広い視野と柔軟な考えを持ち、会社の将来についてお客様と語り合っていきたいです。そして会社が成長していく過程を一緒に見ていきたいと思っています。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

社内の風通しが良く、社員同士の仲が本当にいいなと感じました。仲が良いといってもただ和気あいあいと仕事をしているのではなく言いづらいことも言い合える仲であるのが素晴らしいと思います。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

繁忙期は忙しいですが、自分の仕事の進め方次第で勉強時間などは確保できます。忙しい中でどう時間を作っていくかを考えるようになるので時間の使い方がうまくなると思います。

Q9.占部さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

税務、会計面でお客様をサポートしたいということはもちろんですが、それだけでなく広い視野と柔軟な考えを持ち、会社の将来についてお客様と語り合っていきたいです。そして会社が成長していく過程を一緒に見ていきたいと思っています。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

責任のある仕事なので大変なことや神経を使うことも多いですが、中小企業の社長とこれだけ近くで関われる仕事は他にないと思います。自分を成長させたい方、ぜひ一緒に働きましょう!

 

税務会計スタッフ

学んだことは新入社員や後輩社員にわかりやすく教えてあげたいです

山本直樹
税務会計スタッフ/業界未経験

 

 

 

 

Q1.まず、山本さんの経歴と自己紹介をお願いします。

前職では中小企業の経理をやっていました。税務にも興味があったため会計事務所の業界を選びました。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

どこの会計事務所を見ても暗いイメージを持っていましたが、大石会計は明るい雰囲気で、社内のコミュニケーションも上手くとって仕事が出来そうだ思ったからです。

Q3.未経験での入社でしたが、不安なことはありましたか?

経理業務は一通り経験していたので会計処理についてはある程度わかっていましたが、税務に関しては何も知識がなかったのでそこだけは不安でした。

Q4.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

何でも相談しやすい環境が良いと感じました。入社してから比較的早い段階で担当を持たせてもらい、調べても分からないことだらけで不安でしたが、気軽に相談できる環境がありました。上手くやっていけてるのもそのおかげだと思っています。

Q5.先輩からの指導はどうでしたか?

一つ一つ丁寧にわかりやすく教えてくれます。細かいところまで注意されることもありますが、すぐ外回り出来るようになったのもしっかりとした指導のおかげだと思っています。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

勉強も当然していましたが、実務を通じて得た税務会計知識や保険などの周辺知識が多かったです。学んだことは新入社員や後輩社員にわかりやすく教えてあげたいです。それも将来お客様のためになるからです。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

社員みんな思いやりがあり、仲が良い人ばかりです。プライベートでも社員の人と遊んだりしている人もいます。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

繁忙期や決算期の時は忙しくなりますが、作業の進め方を工夫して自分の時間を作っていけます。大石会計は残業を減らすように動き始めています。

Q9.山本さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

数字の面からサポートしていくのはもちろんですが、業務面でも自分が社長だったらという気持ちで経営者をサポートしていけたらと思っています。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

会社の数字を取扱う責任のある仕事は大変ですが、経営者と近い位置で接することが出来るので日々学ぶことが多く、いつも楽しいです。成長したい方や経営のサポートをしたいという方は是非一緒に働きましょう。

 

税務会計スタッフ

自分のために指導してくれていることを感じることができて嬉しかったです

大野洸明
税務会計スタッフ/業界未経験

 

 

 

 

Q1.まず、大野さんの経歴と自己紹介をお願いします。

もともと税務会計に興味があり働ける場所を探していたところ、ホームページを見て大石会計が近所にあることを知って応募しました。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

他の会計事務所とは違って明るい雰囲気があるところに魅力を感じました。実際に来てみても、みんな元気で活気があり働いてみたいと思いました。出社初日、「ここで色んなことに挑戦してみたい!」とワクワクした気持ちで玄関の前に立ったことを覚えています。

Q3.未経験での入社でしたが、不安なことはありましたか?

もちろん不安はありました。社員の人達と馴染めるだろうか心配でした。しかし、みんなから話しかけてくれたり、お昼にランチを一緒に食べに行ったりして、すぐに打ち解けることができました。

Q4.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

社内の風通しが良いところ、なんでも相談できる先輩や仲間がいること、社員同士仲が良いところです。

Q5.先輩からの指導はどうでしたか?

厳しいことを言われるときもありますが、質問をしたら自分が分かるまでしっかりと教えてくれました。自分のために指導してくれているのを感じることができて嬉しかったです。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

実務だけではなく人としての在り方や考え方を教えてもらい、今の自分の生き方に大きな影響を受けました。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

社員同士でお互いに助け合ったり支えあったりしてピンチを乗り越えています。それぞれが思いやりを持って接するいい雰囲気が会社の中に流れていると思います。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

繁忙期は忙しいですが、普段は資料整理や時間の使い方を工夫して、早く帰るようにしています。

Q9.大野さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

お客さまはもちろん、上司や部下からも信頼される人になりたいです。仕事の面では、困難なことにも積極的に挑戦していきたいです。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

不安はあると思うけれど、大石会計はみんな明るくて優しいので安心してください。一緒に頑張りましょう!

 

税務会計スタッフ

大石会計はマイナスワードを好まない会社です

佐藤真結
税務会計スタッフ/新卒入社

 

 

 

 

Q1.まず、佐藤さんの経歴と自己紹介をお願いします。

高卒の新入社員として国立にある商業高校から入社しました。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

高校の進路指導室で求人表を見たのがきっかけです。そのあとホームページや学校にあったパンフレット等を見て更に興味が湧きました。選んだ決め手は、未経験者でも大歓迎という点でした。会計ソフトを触ったのは大石会計の採用試験の時が初めてで、学校が商業高校だったので会計のことはある程度は知っていましたが、税務のことは皆無に等しい状態でした。ですが先輩方が親切丁寧に教えて下さり、それに応えなくてはと今も勉強の毎日です。

Q3.未経験での入社でしたが、不安なことはありましたか?

それはもう様々なことが不安で仕方なかったです。与えられた仕事を自分はちゃんとこなせるのか、ミスをして上司や先輩方に迷惑をかけてしまわないか、社員の方々とうまく付き合っていけるのか、沢山のことが不安でした。ですが皆さん優しくて今まで抱いていた不安な気持ちが一気に晴れやかな気持ちになりました。

Q4.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

分からないことや疑問に思ったことを気軽に聞くことができるところです。仕事中に分からないことや疑問に思うことがでてきた場合、中途でも新卒でも緊張から質問しようにも質問していいのかと迷ってしまうことがあると思います。私も入社したての時、質問をして先輩や上司の方々の仕事の邪魔をしてしまうのではないか、知っていて当たり前のことだったらどうしようと悩む時期もありました。ですが皆さん優しく一から教えて下さって本当に安心できました。

Q5.先輩からの指導はどうでしたか?

先輩方からの指導は皆さん優しくて、時には注意されることもあるのですが、注意の仕方も自分も早く教えて下さってることを身につけなくてはと看過されるものなので、仕事に対する意欲が一層増します。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

まず、挨拶をはっきりと大声でいうこと。社会人の基本ですが実際には恥ずかしがってあまり出来ないことのひとつでもあります。私が卒業した地元の中学校では「オアシス運動」というものがありました。オアシス運動とはあいさつのそれぞれの頭文字から、

   オ…おはようございます
   ア…ありがとうございます
   シ…失礼します
   ス…すみません

というあいさつを心がけようという運動です。それを私は改めて大石会計で学ぶことが出来ました。次に、より数字に関心を持てたことです。買い物をする時、家計簿をつける時、どれ位ここから節約できるだろう、節約したらその分何に使うことが出来るだろうと以前よりも考えることが出来るようになりました。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

本当に皆さん優しくてとてもいい職場だとおもいます。私は新卒としてこの大石会計に入社したのですが、私と同様に他企業に就職した友人の意見を聞くと羨ましいという意見がほとんどでした。会社と聞くと想像するのは「ブラック企業」、「社員イジメ」や「お局さん」などマイナスイメージの強いワードがでてきます。しかし、大石会計はそれらのマイナスワードを好まない会社です。その為か大石会計の社員・パートの方々は皆さん優しく明るい方々が集まっています。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

大石会計はあまり残業を好まない会社で、繁忙期以外は皆さん定時退社を心がけています。

Q9.佐藤さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

私は大石会計を通じて数字により強く色々なことをより良くできる人間になりたいと思います。そしてお客様、社員の方々、地元地域の皆様のお役に立てる縁の下の力持ちになって様々なことを支えたいです。それが私のやりたいことです。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

努力すればその分の成果が返ってきます。不安になることもあると思いますが、頑張れば努力は報われます。

 

税務会計スタッフ

経営者の方々の考え・気持ちに触れることができる。とにかく面白い仕事

田中貴裕
税務会計スタッフ/新卒入社

 

 

 

Q1.まず、田中さんの経歴と自己紹介をお願いします。

学生の時から会計・税務に興味がありましたので会計事務所で働く道を選びました。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

零細(5人以下)でもなく、大手(100人規模)でもない、中小企業のようなイメージがあったので、面接を受けました。少し忙しい職場で経験を積むことは技術的な面での成長に繋がると考えたからです。

Q3.未経験での入社でしたが、不安なことはありましたか?

特にありませんでした。強いて挙げれば、座学と実践の違いについては働いてみないと分からないので、考えたことはあります。

Q4.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

ほぼほぼイメージ通りでしたが、繁忙期の忙しさは予想以上でした。また、お客様がとても優しい方ばかりでした。以前の仕事は接客でしたので不特定多数の方々との関わりでしたが、この仕事での、お客様と一対一で関わることに毎日色々な刺激を受けています。

Q5.先輩からの指導はどうでしたか?

入社当時から、熱心なご指導をして頂きました。2年目で簡単な決算業務ができるのも数々のご指導の賜であると感じます。私も後輩に、そのような振る舞いを心がけたいです。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

基礎的な実務が学べているので、次はサービスの提供について学んだことを活かしたいです。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

試験組も何人かいて、切磋琢磨できる環境です。情報交換もこまめにしています。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

繁忙期や決算前はとても忙しいです。且つミスも許されないのでとても疲れますが、充実感、達成感はその分大きいです。決算業務は登山をしている感覚です。

Q9.田中さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

生命保険の提案も、会計事務所の視点・立場から行っていきたいです。専門的なことに対してもっと貪欲な姿勢で挑みたいです。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

責任感が重たくのしかかる仕事です。経営者の方々の考え・気持ちに触れることができることやその業界ならではの慣習や雰囲気にも触れることができます。とにかく面白いです。ぜひ、一緒に働きましょう。

 

税務会計スタッフ

明るく前向きで、一緒にいるだけでやる気とパワーをもらえる

大里美智子
税務会計スタッフ/業界未経験

 

 

 

 

Q1.まず、大里さんの経歴と自己紹介をお願いします。

保育の専門学校を卒業し保育士として働き、また結婚出産後に勤めた会社で3年ほど事務のお仕事をしてきました。大石会計事務所には入社していつの間にか4年目を迎えています。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

会社での事務経験を少しでも生かして興味のある経理の道へ進みたいと思っていたところ、大石会計の求人の『平均年齢30才、明るい職場』という内容に目がつき、同じ年頃でなんだか楽しそうな職場だなと感じ思い切って応募しました。

Q3.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

イメージしていた以上に、社員ひとりひとりが明るく前向きで、一緒にいるだけでやる気とパワーをもらえるようなそんな職場でした。そんな皆さんにいつもいい刺激をもらって、たいして運動したことのない私がとうとう昨年、フルマラソン完走できるくらいのパワーを身につけました。

Q4.家事に育児に仕事に多忙ですが、両立する上で心がけていることはありますか?

全て完璧にはもちろん無理なので、大事なポイントは押さえて、メリハリつけることを心掛けています。家事育児に関しては、平日これしかしない(アンド見ないフリ)であとはの~んびり。という具合です。

Q5.お子様に大石会計についてどんな仕事なのかと伝えてますか?

特にこれといってはっきりとは伝えていませんが、どんなに忙しくてもやりがいがあって楽しい!という雰囲気が出ているようです。それが伝わったのか、子ども自身が事務所の仕事に興味をもってくれて、子どもの職場体験をこの事務所で経験させてもらったことがあります。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

人との関わり方、向き合い方について、生きていく中で何を目指せばよいか、毎日の朝礼や仕事をしていく中で常に意識し考えさせられる日々です。この先もずっと自分の中で限界を設けず、なんでもワクワクして挑戦し続けられる姿勢でいたいと思っています。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

皆さん思いやりがあって、優しい方ばかりです。厳しい時でもその先にしっかりとした思いを感じることができます。また、とにかく仲良し!毎年BBQを企画してみんなで盛り上がります。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

私など、子どもがいる人はなるべく残らず帰れるような配慮が全体になされていると感じます。忙しい時に残ることはありますが、それももちろん可能な範囲。できないところは助け合って乗り切ることができています。

Q9.大里さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

経理や、税務、会社のことなど、勉強しなければいけないことは山ほどあります。まずは自分の可能性を信じて自分を成長させていき、少しでも人のお役に立てるようになりたいと考えています。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

責任が大きい分やりがいを感じられる仕事です。やる気さえあれば色々なことへ挑戦できる環境なので、新たな自分を発見できるはずです!

 

社労士スタッフ

何といっても、事務所の雰囲気が明るくて活き活きとしている

松島美穂子
社労士スタッフ/社労士事務所出身

 

 

 

 

Q1.まず、松島さんの経歴と自己紹介をお願いします。

前職でも社会保険労務士事務所にて、労働保険、社会保険の手続きや厚生労働省管轄の助成金の支給申請などを行っていました。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

面接で初めて事務所を訪れた時に、従業員の方の親切な対応、事務所の明るい雰囲気に衝撃を受け、活気ある職場に魅了されました。また事務所の方針や取り組み、仕事内容などを聞き、本当に元気の良い、勢いのある職場だと感じたことが、入社するきっかけとなりました。

Q3.他の事務所経験者として、他の事務所と大石会計の違いはありましたか?

何といっても、事務所の雰囲気が明るくて、活き活きとしているところです。また、従業員同士間のコミュニケーションがとても良いです。先輩社員の方にも相談できる環境が整っていて、自分1人では答えが出ない問題に対して、一緒に考えアドバイスをいただけます。

Q4.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

仕事において、やらされているという感覚がなく、自分で考え、行動できるので仕事に対してのやりがいを感じられる点が良いです。朝礼で従業員が発言する機会も多く、その発言を通して一緒に働く仲間の仕事に対する考えや目標などを知ることによって、とても刺激になります。お互いが切磋琢磨している職場だと思います。

Q5.先輩からの指導はどうでしたか?

給与ソフトの操作など、わからない点はその場ですぐに指導してくれて、いつでも丁寧に教えてもらっています。また会計のこと、税務に関することなども、色々と聞ける環境なので勉強になります。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

たくさんあり過ぎて書ききれませんが、クレド(事務所の信条)は勉強になります。仕事をする上だけではなく、毎日の生活の中でも意識するようになり、日々目標を持ちながら生活できるようになったと思います。私はクレドの中でも「自ら行動」ということを目標に掲げていますが、自ら考え、行動し、最善を尽くすことによって、自らの環境を自分で変えていく!これが出来たら人生が大きく変わりますよね。この目標を達成できるように日々努力です。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

抜群に良いです! 従業員同士、思いやりが溢れています。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

私の場合、残業しても1時間ぐらいです。しかし、残業も泣く泣く行うのではなく、「ここまではやる!」という自分の意志で行っています。

Q9.松島さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

社会保険労務士という仕事を通して、会社が経営者にとっても従業員にとっても魅力あるものとなるお手伝いをしていきたいと思っています。そのためにも、大石会計で掲げている「クレド」や元気の出る朝礼などもどんどん紹介していきたいです。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

大石会計では「人」を大切にしています。一緒に働く仲間同士、常に思いやりをもって声を掛け合っています。仕事に対する不安や、働くこと自体に不安を抱えている方もいらっしゃるかもしれませんが、自ら学ぶ姿勢、やる気さえあれば楽しく仕事ができると思います。ぜひ、自らの環境を自分で変えてみませんか?!ご応募お待ちしております。

 

営業事務 パート

ここならば、自分の想像以上の成長ができるのではないかと思った

吉岡かなこ
営業事務 パート/業界未経験

 

 

 

 

Q1.まず、吉岡さんの経歴と自己紹介をお願いします。

おもに児童福祉・高齢者福祉の分野で長く働いてきました。妊娠・出産を経て、会計の分野に初めて挑戦しています。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

募集要項に「子育て中の方歓迎」とありましたし、子育てとの両立が可能そうであることが一番の理由です。あとは「会社はおとなの学校」と位置づけて、ユニークな取り組みをしているので、ここならば、自分の想像以上の成長ができるのではないかと思いました。

Q3.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

誰かが困っていたら、必ず助けてくれたり、声をかけてくれるスタッフがいます。人間関係に淀みがなく、大変風通しのよいところが良いなと思っています。

Q4.家事に育児に仕事に多忙ですが、両立する上で心がけていることはありますか?

ひとりで抱え込まずに、日々、様々な人の力をお借りしています。そして、サポートしてくださる方には、深く感謝をしています。いつかは、自分が誰かの手助けをできるようになりたいと思っています。

Q5.お子様に大石会計についてどんな仕事なのかと伝えてますか?

まだ話もできない乳児なので、どう伝えるかは考え中です。ただ、仕事に向かう時に楽しそうにしている姿は見てくれているかもしれません。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

実務の上では入口に立ったばかりなので、まだまだですが、朝礼時のスピーチで他のスタッフが話す内容などを聞いて、成功談や失敗談を 追体験するように学ばせてもらっています。また、パートスタッフにもスピーチをする機会が与えられているので、深く思考したり、人にわかりやすく伝えたりするよい訓練になっています。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

子育て中のスタッフが多く、お昼休みなど、情報交換ができて心強いです。朝礼やその他のユニークな取り組みがうまく働いて、30人近いスタッフのすべての人と関われるような仕組みになっています。おかげさまで、入社してまだ日が浅いですが、事務所の一員として受け入れていただいた、という安心感があります。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

幸いにも毎日定時で退社させていただけており、子育てとの両立ができています。

Q9.吉岡さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

今まで関わった分野と会計の分野を掛け算をするような方向で活かせていけたらよいと思っています。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

「仕事はお金を得る手段だけではないぞ」と考える方は、きっと+アルファを得られる職場だと思います。

 

営業事務 パート

“子育て中のママさん大歓迎”の言葉が目に入り、一瞬で、ここだ!と思いました

中村典子
営業事務 パート/業界未経験

 

 

 

Q1.まず、中村さんの経歴と自己紹介をお願いします。

大学3年時に行政書士試験に合格をしました。大学卒業後は、もともとアルバイトをしていた行政書士事務所に正社員として5年間勤めました。第一子を出産した後、パートとして大石会計事務所に入社しました。入社して2年になります。

Q2.大石会計事務所を選んだ理由は?

ハローワークの求人で、“子育て中のママさん大歓迎”の言葉が目に入り、一瞬で、ここだ!と思いました。しかも、自分が探していた士業ときて、運命を感じました!

Q3.実際に働いてみて感じた良いところはなんですか?

「人」ですね。本当にみんな優しい。でも、仕事に対して真面目な人ばっかりだから、みんなかっこいい。あと、キャラが濃いというか、面白い人が多いです。また、毎月1回、パートによるパートミーティングなるものがあり、業務の改善点や入社した方の疑問など、議題を作りから、解決策まで話し合いをします。このように働きやすい環境を自分たちで作っていけるのも魅力的です。

Q4.家事に育児に仕事に多忙ですが、両立する上で心がけていることはありますか?

私は昨年1年間の産休を頂いておりました。その際に、家でできるような簡単な仕事をさせてもらっていました。その時は、”子供が起きている時は仕事はしない”という自分のルールを作って、仕事に取組んでいました。仕事に追われて、家事や育児を怠ってしまっては本末転倒ですから、忙しい時ほど“何のためにやるのか”を自分に問うようにしています。

Q5.お子様に大石会計についてどんな仕事なのかと伝えてますか?

朝礼で行うハッピー体操を家で一緒にしたり、事務所で行うイベントのBBQや競馬場公園などに一緒に行ってるので、会社は相当楽しいことをしていると思っているようです。

Q6.大石会計で学べたことや今後に生かしたいことはありますか?

大石会計といえば、毎朝30分かけて行う朝礼です。正直、働き始めた頃は30分の朝礼が長いと思っていました。でも、今では30分も行うのには意味があると実感しています。代表の思いや考えを毎日聞ける、朝から大きな声で挨拶をすることができる、人前で話す訓練ができる、人の話を自分なりにまとめて意見を言える、毎日ハッピーな出来事を探しながら生活している、などなど。どれも組織の一員として、社会人として、人間として大事なことばかりです。我が子にとって一番身近な大人ですから、見本になれるよう、良い習慣をどんどん身につけたいです。

Q7.職場環境や社員スタッフの雰囲気はどうですか?

本当にみんないい人です。2年間働いて人の問題で悩んだことはありません。私の産休中に10人スタッフが増えていましたが、現在その人達が伸び伸びと仕事をしている姿を見ると、やっぱり働きやすい環境なのだなと改めて思いました。

Q8.大石会計の残業などの労働状況は実際のところどうですか?

パートは17時の定時に上がらないとむしろ注意されるくらい残業はNGです。土日祝に出社することは100%ありません。

Q9.中村さんのこれからの将来、大石会計を通じてどんなことをやりたいですか?

せっかくなので、行政書士の資格をもっと活かしたいです。現在の行政書士部門は、建設業の許可を中心に行っていますが、許認可の幅を広げ、多業種のお客様のご要望に応えられるようになりたいです。

Q10.最後に、これから大石会計事務所へ入社する(入社したい)未経験者の方へ、自由に伝えたいことやアドバイスをどうぞ。

入社当時、会計事務の知識がなかった私でも、現在では責任ある仕事をさせてもらったりしています。勉強が不可欠な仕事ではありますが、素敵な仲間と一緒に頑張りましょう!